羽曳野市の歯科医院(歯医者)山岡歯科医院/インプラント、義歯・入れ歯、矯正歯科からホワイトニング、歯根治療まで対応!藤井寺市、富田林市からも近い歯科医院(歯医者)

羽曳野市の歯科医院/山岡歯科医院
  • ホーム
  • メール
  • リンク
  • サイトマップ
山岡歯科医院院長ブログ
トップページ > 院長ブログ

こころ温まるお話「管理人の横顔」

松山下公園にはたくさんの猫が住み着いていた。
ピクニックに来たカップルやウォーキングを楽しむ老夫婦などがエサを与え、可愛がる。タケルもそのうちの一人だった。

「おい!猫にエサをあげるな!」

公園の管理人が叫んだ。
タケルが猫たちに猫缶を与えていると、詰所から管理人が走ってきた。

「ご、ごめんなさい…」

怯えるタケルを尻目に、管理人は猫缶をゴミ袋に投げ入れた。
その荒々しい動きに、猫たちはあっという間に散り散りばらばらに。

「まったくもう。二度とするな!」

タケルは圧倒され、言葉を失った。
遠くの木陰に目をやると、猫たちが心配そうにこっちを見ていた。

タケルはそんな管理人が大嫌いだった。

エサを与えて何が悪いのだ。

母親にそのことを話すと、意外な言葉が返ってきた。

「管理人さんは悪くない。あなたもそのうちわかるわよ」

納得がいかず、子供扱いされていることにも苛立ちを覚えた。

ある夜、公園のトイレの横で、顔に傷を負った子猫が毛を逆立てて威嚇していた。
近くには管理人がいる。

「やっぱり…」

猫をいじめているところを写真に撮れば、管理人を辞めさせられる。
カメラを構えたタケルに、管理人が声をかける。

「きみ!あの部屋からバスタオルをとってきてくれ!」

いつもの口調とは違っていた。
タケルは言われた通り、バスタオルを持ってきて渡した。

「縄張り争いでやられたんだ。この辺りは猫が増えすぎた」

猫にはテリトリーが決まっている。
増えすぎると縄張り争いで子猫が犠牲になる。

必死になって子猫を手当てする管理人の真剣な横顔に、タケルは自分の過ちを恥じた。

瞳に涙がたまる。管理人が無言で頭をなでると、タケルはせきを切ったように泣き出した。

2018年7月15日 11:45 AM  カテゴリー:

羽曳野市の歯科医院(歯医者)山岡歯科医院は藤井寺市・富田林市からも近い歯科医院(歯医者)です。

トップページへ