周術期の歯科治療は羽曳野市の歯科医院(歯医者)山岡歯科医院へ!周術期の歯科治療対応!藤井寺市、富田林市からも近い歯科医院(歯医者)

羽曳野市の歯科医院/山岡歯科医院
  • ホーム
  • メール
  • リンク
  • サイトマップ
周術期の歯科治療
トップページ > 診療科目案内 > 周術期の歯科治療
抗がん剤治療及び放射線治療受診中の患者様へ
羽曳野市の歯科医院(歯医者)山岡歯科医院では患者様のプライバシー保護を最優先に周術期口腔ケアを行っています。お困りの事や心配されている事がありましたら何なりとご遠慮なくお聞き下さい。

日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡すると言われています。

周術期とは入院・手術・回復からなる治療前後を含めた一連の期間を言います。
周術期口腔ケアは、このような合併症の予防を目的として、がんを主としたさまざまな病気の治療(手術、化学療法や放射線治療)、移植や心臓外科手術の患者さんに対して口腔ケアを行っています。

口腔粘膜炎とは、抗がん剤による口内炎のことです。
がん治療中は、抗がん剤治療に伴う免疫力の低下により、高い頻度で口内炎を発症します。
口腔粘膜炎により口の中にみられる症状
歯肉出血・開口障害・咀嚼障害・嚥下障害・発音障害・味覚障害・違和感・接触痛・冷水痛
温水痛・ドライマウス・口臭
口腔粘膜炎の発症部位☆注意するべき口腔粘膜炎の発症部位

がん化学療法に伴う口腔粘膜炎は粘膜で動きがあり柔らかい可動粘膜に発症しやすいく、口唇裏面や頬粘膜や舌側縁部から舌腹が特に発症しやすいです。

可動粘膜:
口唇裏面、舌側、舌腹、頬粘膜、軟口蓋など

角化粘膜:
舌背(可動性はあるが特殊粘膜で角化粘膜)、
歯肉、硬口蓋など

以上のような箇所が
口腔粘膜炎の観察ポイントです。
無料メール相談 無料カウンセリング予約 アクセスマップはこちら

周術期の歯科治療は羽曳野市の歯科医院(歯医者)山岡歯科医院へ!藤井寺市、富田林市からも近い歯科医院(歯医者)


口腔粘膜炎の対処法について
1:口腔内清潔保持
一日3回 (朝食後、昼食後、就寝前) に行う。
口腔内清潔保持歯ブラシを用いるブラッシングが口腔ケアの基本。

歯ブラシはヘッドが小さく、柄がストレートで毛先が柔らかい物。
(粘膜にはなるべく触れないように歯だけを磨くことができる)

普通の歯ブラシが届きにくい奥の歯や、裏側の清掃、また悪心、開口障害があるときには、タフトブラシ(1本磨きよう歯ブラシ)を使う。
2:口腔内保湿
口腔内を保湿すると、口腔粘膜炎の症状が軽減する可能性がある。
市販の保湿剤や生理食塩水を使い、1日8回を目標に含嗽。
含嗽は、治療開始(粘膜炎発症前)から治療終了時」(粘膜炎治癒時)まで続ける。

@9g(小さじ2杯)の食塩を量り入れる
A1Lのペットボトルを水で洗浄
Bペットボトルのふたをして溶けるまでよく振る

3:口腔粘膜炎の疼痛コントロール
口腔粘膜炎の疼痛コントロール

化学治療・放射線治療による口腔領域での副作用対策でもっとも重視すべきは
口内炎予防及び重症化を防ぐことで、

そのためには
・口腔内細菌を減らし生化学的刺激感染を防ぐ
・口腔乾燥対策
・機械的刺激を防ぐ等が重要になってきます。

周術期の歯科治療は羽曳野市の歯科医院(歯医者)山岡歯科医院へ!藤井寺市、富田林市からも近い歯科医院(歯医者)

無料メール相談 無料カウンセリング予約 アクセスマップはこちら

羽曳野市の歯科医院(歯医者)山岡歯科医院は藤井寺市・富田林市からも近い歯科医院(歯医者)です。

トップページへ
  • 山岡歯科医院診療時間
  • 患者様の声
  • 自費診療と保険診療の違いについて
  • 再生医療TE-BONE
  • 自費治療費一覧表
  • デンタルローンについて
  • 医療費控除制度について
  • デンタルケア商品のご案内
  • 歯科衛生士・受付求人情報
  • 山岡歯科医院スタッフブログ
  • 羽曳野ペリオセンターYDC
  • 山岡歯科医院ブログ山岡歯科医院新聞
  • 山岡歯科医院院長ブログ

羽曳野の歯科医院/歯医者 山岡歯科医院
インプラント・審美歯科・義歯/入れ歯
ホワイトニング・小児矯正歯科・歯根治療
歯周病治療・予防歯科など
藤井寺市・富田林市からも近い歯科医院